■プロフィール

りらっくまん

Author:りらっくまん
よろしくお願いします



■最新記事

■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
ケーキ食べ放題
食べたものが消化しきれないで、身体の中にズドンと残り、そのまま脂肪になってしまいそうな食べ物がある。

消化が悪く、油で気分は悪くなり、デブの素になってしまいそうな食べ物。
「デブのエサ」とでも表現したらいいのだろうか。
私にとっての「デブのエサ」は、湿ったポテトチップスとケーキだ。


油について少々考えてみよう。
最近は天麩羅屋でも豚カツ屋でも、油が悪くて胃にもたれるということはまずない。どの店も精製した良質な油を使い、サクッと揚がっている。
「油が悪い」という言葉は死語になってしまったのか。

(余談だが、昔は「サラダ油」と「天ぷら油」という2種類の油があって、サラダ油のほうが高級とされていた。サラダ油のほうが精製の度合が強かったのだろう。
「天ぷら油」はどこへ行ってしまったのだろうか。)

袋を開けたばかりのポテトチップスも油の切れはよい。チップスを全部食べたあと、袋の底をのぞけば、茶色い油が沈んでいることは絶対ない。

しかし、袋を空けて2日ぐらいたった、湿気ったポテトチップスはひどい。
湿気って濡れたポテトチップスを食べると、酸化した重い油で胃にもたれる。胃に消化しきれないポテトチップスがへばり付いて、体調の悪い時は吐きそうになる。
そして、胃壁にへばり付いたポテトチップスは、消化することなく贅肉や皮下脂肪に変身して、腹のラードに厚く堆積していく気がするのだ。

酸化した油の気持ち悪さは、たとえようがない。
揚げてから時間のたったスーパーの揚げ物、冷たくなったマックポテト、衣が冷えて湿った幕の内弁当の天麩羅などなど。
人を確実にデブかつ不健康にする「悪魔の食べ物」だ。

それから、私はケーキを食べても気持ち悪くなる。
1個ならケーキも美味いのだが、調子に乗って4個も5個も食べると、生クリームで胃にもたれてしまう。

フランス料理やイタリア料理の満腹感の半分は、ケーキが受け持っているような気がする。
西洋料理のコースを食べていて、「この店の料理はちょっと量が少ないな」と感じたとしても、最後にはケーキがドッシリと埋め合わせしてくれるのだ。

焼き肉の満腹感が私には心地良いのに対して、ケーキの満腹感は、どちらかというと不快なものだ。大食いの私でも、気分が悪くなる時がある。
乳脂のくどさが体質に合わないのかもしれない。



ここで私が大学時代に、サークル仲間10人ぐらいで、ケーキ食べ放題の店に行った話をしたい。
東京銀座の某洋菓子店。お昼のケーキバイキング。1500円でケーキ食べ放題、コーヒー・紅茶・ソフトドリンク飲み放題である。

どうしてそんなところに行ったのか?
男女比率は5分5分だったが、別に集団デートでもなし(魂胆があったら、ケーキ食べ放題なんか行かない)、当の私にも今もって理由がわからない。

金がなくて腹が減っていたから、先輩の誘いについつい乗せられたのかもしれない。

さて席につく。
部屋の中央の大きなテーブルには、15種類ぐらいのケーキが置いてある。
15個食べて普通、ということなのだろうか。

攻撃開始。
生クリームがたっぷりかかったイチゴショート
苦いチョコがコーティングしてあるザッハトルテ
栗の甘さが心地よいモンブラン
3つまでは順調にいった。これならいけるぞ。

あと10個は食うぞと、そこでコーヒーを飲んだ。
砂糖2杯、ミルクいっぱい。

「・・・・」

コーヒーを飲んで3分後、胃が変調をきたした。
胃の中のケーキが、コーヒーの液体を吸って膨れ上がったのだ。

水をかけたら、ぼわ~と膨れ上がる花があるでしょう?
ちょうどあんな感じで、私の大きな胃の片隅で小さくなっていたケーキ3個の残骸が、コーヒーのせいで膨張したのだ。
膨張したケーキが、胃壁を押し上げるのがわかる。

もう、食えん・・・
やばい・・・

しかしもう、1500円払ってしまった。1500円というのは学生にとって大金だ。
独り暮らしの学生はケーキなんか滅多に食べられない。ケーキは大好きなのだが、いかんせん高い。
300円のケーキ1個買うなら、75円のサッポロ一番味噌ラーメン4袋買ったほうが、経済効率ははるかに高いじゃないか。

せっかく普段食べられないケーキを、死ぬほど食おうと勢い込んで来たのに、1500円払って3個だったら、もとさえ取れていない。
ここで負けたら1500÷3=500円で、1個あたり500円。これじゃあバイキングに来た方が割り高になる。何のためのバイキングかわからない。
せめて15個ぐらい食べて、1個あたり100円にはしたい。

それから、デブのくせにケーキ3個でギブアップだなんて、周囲の友人に見かけ倒しだと思われるのは沽券に関わる。
まわりの友達は涼しい顔でケーキの皿を重ねている。

ならばと、私は腹をくくった。
まずコーヒーは自粛しよう。飲んでもほんの1口か2口。砂糖もミルクも入れないようにしよう。ケーキの甘さで舌が麻痺しているので、コーヒーに砂糖を入れようが入れまいが同じ味なのだ。

無理をしてケーキを食いつづけた。
ちょっとさっぱり目の奴を選びながら、個数を重ねていった。

メロンと桃のフルーツケーキ(爽やか)
いちごにもミルフィーユ(小さい)
シュークリーム(これも小さい)

さすがにもう限界。血液が全部クリームになったような気がしてきた。
気分が悪い。もう、何も食えないことを悟った。
たった6個でかつて経験したことのないような満腹感を味わおうとは、情けない話です。

しかしだ、1500円払っているんだ。もっと食わなければならない。食って食って晩飯代を浮かせたい。1500円は俺にとって、3日分の食費ではないか!


そんな時に目に入ったのはプリンである。カスタードプリン。
プリンなら何とか食べられそうだ。
気分転換にプリンを食べた。


「・・・・・」


プリンは強烈だった。プリンは可憐な姿をしているけど、よく考えたら卵と砂糖とミルクが混ざった固体なのだ。

プリン大爆発!

プリンの乱入で、気分転換どころか腹の状況はメチャクチャ悪くなり、強い嘔吐感に襲われた。
どんなにひどい二日酔いでも味わうことのない、強烈な吐き気がした。

私は吐くこともできず、友人との会話にも加わらず、その後は一人椅子にもたれながら、身体中を突如として襲いこんだ甘いものが、体内の工場で粛々と消化されてゆくのを、気分の悪さに耐えつつ待つしかなかった。

スポンサーサイト


未分類 | 14:37:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad