■プロフィール

りらっくまん

Author:りらっくまん
よろしくお願いします



■最新記事

■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
学費はアルバイトで賄え
「苦学した私から見るといい時代になった」??。67歳の男性が新聞投書で「給付型奨学金」を批判し、話題を呼んでいる。

高校時代のアルバイトで、大学の入学費を捻出したという男性。奨学金で学費を賄おうとする現代の大学生に、「健康であればアルバイトで賄える」とキツい一言を投げかけた。

しかし、ネットでは「経緯をわかっていない」「若い方のことを考えなさすぎ」と大ブーイングが巻き起こっている。

「苦学した私から見るといい時代になった」

投書は、17年2月5日付けの毎日新聞朝刊「オピニオン欄」に掲載された。タイトルは「自力で学費勝ち取る気概も」。

導入部のテーマは、1月31日に閣議決定された日本学生支援機構法改正案だ。
原則「貸与型」しかなかった同機構の奨学金に「給付型」を加えるもので、2017年度予算案に基金の創設も盛り込まれた。
18年度の本格実施へ向け、4月1日から一部の下宿生らを対象に先行実施される。支給基準は現行の貸与型より厳しいが、返済は不要だ。

男性はこの法改正について、「苦学した私から見るといい時代になった」と評価する一方、「健康であれば(学費は)アルバイトで賄える」と苦言を呈した。

高校時代、大学へ進学するため、「近所の子どもを集め学習塾を始め、
休日には土木工事のアルバイトを続け」貯蓄に励んだ。その甲斐あって、「入学費用等」はすべて用意できたという。

男性は入学後もアルバイトを続け、「アルバイトを通じて実にたくさんのことを学んだ」と振り返る。
そして、「古き良き時代だったのかもしれぬが、私の周囲にも親を当てにせず学んだ人は多い。
自身の力で学んでいるそんな学生の力強い声を聞きたい」と自立の必要性を説いた。人生の先輩が大学生へ送る、厳しいエールだ。

しかし、この投書がツイッターに紹介されると「炎上」状態に。

「若い方のことを考えなさすぎ」

「経緯をわかっていない」

「年代考慮いれろ」

と反発の声が相次いだ。

一般物価よりも速いペースで授業料が上昇

「経緯を分かっていない」という批判には、投書の主と現在の大学生が置かれている環境の違いがあるようだ。
投書した男性の大学入学時とほぼ重なる50年前と現在を比較してみる。

総務省の小売物価統計調査によると、1967年の私立大授業料はおよそ7万4100円/年(6175円/月)、国立大授業料はおよそ1万2000円/年(1000円/月)だ。

また、2016年の物価は1967年のおよそ3.7倍。あくまで参考値だが、この授業料を16年の物価に換算すると、
私立大授業料でおよそ27万3800円/年(2万2800円/月)、国立大授業料はおよそ4万4400円/年(3700円/月)となる。

https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0208/jc_170208_0758804262.html
J-CASTニュース2月8日(水)7時0分




スポンサーサイト


未分類 | 06:55:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad